メニュー

もっとおいしく安全に使えるレトルト食品のすべてをお伝えします

レトルト食品とはレトルト食品とはレトルト食品ってどんな食品のこと?

すぐ食べられて、健康でおいしい、多くのみなさんに愛されている「レトルト食品」

レトルト食品とは、レトルト(加圧加熱殺菌装置)で殺菌できるパウチ(袋状のもの)、または成形容器(トレー状など)に詰められた食品のことを言います。昭和44年に市場に登場してから約40年間で、およそ18億1,427万個(180g入換算)、生産総額では約2,104億円にも上ります。
軽量で取り扱いやすく簡単に開けられること、わずかな時間で温められこと、さらに容器の廃棄処理がしやすいことなどの商品特徴が多くの生活者のニーズに応え、消費が大きく伸びて、いまや一般の家庭では欠かせない食品のひとつとなっています。

レトルト食品の種類

レトルト食品は、包装形状の上から、パウチ詰食品(主に袋状の容器に詰められた食品)とトレーやカップ状の成形容器に詰められた成形容器詰食品の2つのグループに分けることができます。

1.パウチ詰食品

製品の包装形態は、四方がシールされたパウチ状で、金属箔積層パウチ(不透明パウチ)と透明パウチの二種類があります。また、これらパウチには平袋と自立型のスタンディングパウチが使われています。

これらパウチ詰食品は、製品の種類や生産量も多く、レトルト食品の主流を占めています。

製品の種類として次のものがあげられます。

1.調理済み食品
カレー類(ビーフ、チキン、ポ-ク)、シチュー(クリーム、コーン、トマト)、ハヤシ、スープ(コーン、ポタージュ、チキン、野菜)、パスタソース(ミートソース、クリームソース、ペペロンチーノ)、料理用ソース(ドミグラスソース、ホワイトソース、中華あわせ調味料)かまめしの素、八宝菜、マーボー豆腐、丼類の素、おでん
2.食肉加工品
ハンバーグ、ミートボール、ヤキトリ、鶏肉油漬、コンビーフ、ソーセージ、酢豚。
3.水産加工品
ツナの油漬け、エビクリーム煮、ウナギのかば焼き、さんまのかば焼き、サバみそ煮
4.米飯類食品
赤飯、五目めし、牛めし、チキンライス、とり釜めし、白飯、おかゆ、雑炊
5.その他食品
ぜんざい、ベビーフード、流動食

2.成形容器詰食品

成形容器詰食品は、食品をトレーやカップ状の成形容器に詰め、ふたをシールしたのち、レトルト殺菌したものです。容器には中身の見える透明容器と外部からの光をしゃ断する不透明容器とがあり、この種の食品類には、固形物が主体の食品や液状の食品などが含まれます。製品の種類としては次のものがあげられます。

1.調理済み食品
シチュー、カレー、ハヤシ、おでん、スープ類
2.食肉加工品
ハンバーグ、ハム、ソーセージ
3.水産加工品
イワシやサバなどの魚類の水煮・みそ煮、貝類水煮・味付
4.米飯類食品
白飯、おかゆ、赤飯、ピラフ、チャーハン
5.その他食品
ベビーフード