メニュー

もっとおいしく安全に使えるレトルト食品のすべてをお伝えします

レトルト食品の歴史レトルト食品の歴史レトルト食品の歴史

アメリカから始まった新しい技術

レトルト食品の研究開発は1950年頃、アメリカの陸軍ナティック研究所が着手したことにより始まりました。包材の開発と製品化に努め、宇宙計画の食料として利用するなど、特別食や軍用食としての研究が進展しました。

一般的にレトルト食品が知られるようになったのは、1969年に打ち上げられた月面探査船アポロ11号に「Lunar-pack(牛肉、ポトフなど五品目)」として積み込まれ、宇宙で食べられてからでした。

家庭用レトルト食品の開発は日本が世界初

欧米でも技術的に成果が出始めていましたが、一般に市販され私たちが手にできるような製品になったのは世界でも日本が初。1968年に大塚食品工業からレトルトパウチに詰められたカレー製品が販売されたことによりはじまりました。その後次々と参入する企業が増え、近年では100社を超える企業で500種以上のレトルト食品が生産されています。