メニュー

もっとおいしく安全に使えるレトルト食品のすべてをお伝えします

備蓄食準備情報備蓄食準備情報備蓄食準備情報

調理不要ですぐに食べられる

3日分の備蓄食(大人1人分)調理不要ですぐに食べられる3日分の備蓄食(大人1人分)

地震などの震災時では、救援が来るまでには時間がかかることもあります。
すくなくとも3日分の備蓄食と飲料水は備蓄しておきましょう。

備蓄献立例

  1日目 2日目 3日目
献立 内容量
(固形量)
献立 内容量
(固形量)
献立 内容量
(固形量)
朝食 ・パンor乾パン(缶詰)
・コーンスープ(レトルト)
100g※1
160g
・玉子がゆ(レトルト)
・コンビーフ(缶詰)
250g
100g
・鮭がゆ(レトルト)
・ツナ&野菜(缶詰)
250g
100g
昼食 ・白がゆ(レトルト)
・カレー(レトルト)
・ミカン(缶詰)
250g
250g
110g
・パンor乾パン(缶詰)
・ハヤシ(レトルト)
・黄桃(缶詰)
100g※1
200g
110g
・パンor乾パン(缶詰)
・ヤキトリ(缶詰)
・フルーツミックス(缶詰)
100g※1
70g
110g
夜食 ・白がゆ(レトルト)
・さば味噌煮(缶詰)
・ツナ&野菜(缶詰)
250g
200g
100g
・白がゆ(レトルト)
・ビーフシチュー(レトルト)
・スイートコーン
 (缶詰)
250g
210g
110g
・梅がゆ(レトルト)
・牛丼の素(レトルト)
・さんま蒲焼(缶詰)
250g
130g
100g
  1. 1日目

    朝食
    献立 内容量(固形量)
    ・パンor乾パン(缶詰) 100g※1
    ・コーンスープ(レトルト) 160g

    昼食
    献立 内容量(固形量)
    ・白がゆ(レトルト) 250g
    ・カレー(レトルト) 250g
    ・ミカン(缶詰) 110g

    夜食
    献立 内容量(固形量)
    ・白がゆ(レトルト) 250g
    ・さば味噌煮(缶詰) 200g
    ・ツナ&野菜(缶詰) 100g

  2. 2日目

    朝食
    献立 内容量(固形量)
    ・玉子がゆ(レトルト) 250g
    ・コンビーフ(缶詰) 100g

    昼食
    献立 内容量(固形量)
    ・パンor乾パン(缶詰) 100g※1
    ・ハヤシ(レトルト) 200g
    ・黄桃(缶詰) 110g

    夜食
    献立 内容量(固形量)
    ・白がゆ(レトルト) 250g
    ・ビーフシチュー(レトルト) 210g
    ・スイートコーン
    (缶詰)
    110g

  3. 3日目

    朝食
    献立 内容量(固形量)
    ・鮭がゆ(レトルト) 250g
    ・ツナ&野菜(缶詰) 100g

    昼食
    献立 内容量(固形量)
    ・パンor乾パン(缶詰) 100g※1
    ・ヤキトリ(缶詰) 70g
    ・フルーツミックス(缶詰) 110g

    夜食
    献立 内容量(固形量)
    ・梅がゆ(レトルト) 250g
    ・牛丼の素(レトルト) 130g
    ・さんま蒲焼(缶詰) 100g

※飲料水9L(1日3L×3日分)の備蓄も必要です。
※上記の献立数量は1缶、1袋単位となります。
※上記献立は、1日当たり1400~1500kcalを想定し作成しております。
※1.パンの場合。

家族3人分の場合、このぐらいの備蓄食量が必要です。(大人3日分)

家族3人分(大人3日分)一覧

企業・団体では、これだけの備蓄食量が必要です。

下記のボックスに自社の人数を入力してください。
※半角数字でご入力ください。

人の場合の必要量は?

調べる調べる

1人の3日分の備蓄食量です。

  • ・パンor乾パン(缶詰)
    3
  • ・コーンスープ(レトルト)
    1
  • ・白がゆ(レトルト)
    3
  • ・カレー(レトルト)
    1
  • ・ミカン(缶詰)
    1
  • ・さば味噌煮(缶詰)
    1
  • ・玉子がゆ(レトルト)
    1
  • ・コンビーフ(缶詰)
    1
  • ・ハヤシ(レトルト)
    1
  • ・黄桃(缶詰)
    1
  • ・ビーフシチュー(レトルト)
    1
  • ・スイートコーン(缶詰)
    1
  • ・鮭がゆ(レトルト)
    1
  • ・ツナ&野菜(缶詰)
    2
  • ・ヤキトリ(缶詰)
    1
  • ・フルーツミックス(缶詰)
    1
  • ・梅がゆ(レトルト)
    1
  • ・牛丼の素(レトルト)
    1
  • ・さんま蒲焼(缶詰)
    1

企業・団体では、これだけの備蓄スペースが必要です。

■ 社員20人の場合の目安

※注意事項

  • 1.これは上記「備蓄献立例」をもとに、社員20人で3日分の必要量を合計26ケース(段ボール)として、ケースを5段積みにした場合のスペース例です。
  • 2.実際に備蓄する場合は、荷崩れや食品の破損を考慮して、備蓄スペースを検討してください。

あったら便利!備蓄用調理器具

カセットコンロ、ボンベ、鍋
・・・温める場合に使用します。
ラップ
・・・紙皿の上にひいたり、手袋の代わりに使用したりして洗い物が出ないようにします。
アルミホイル
・・・温めたものを保温するために使用します。
キッチンペーパー
・・・洗い物を出さないよう、汚れたものを拭くために使用します。
紙コップ、紙皿、割り箸
・・・なるべく洗い物がでないよう使い捨てのものを使用します。
缶切り
・・・缶詰をあけるときに使用します。
ライター、マッチ
・・・ガスコンロがつきにくい場合などの際に使用します。
ポリ袋
・・・食品の保存や手袋代わり、紙コップ、紙皿、割り箸などの保管用に使用します。

備蓄食の賞味期限について。

レトルト食品の賞味期限は、製造後おおむね1~2年間、缶詰の賞味期限は、製造後おおむね3年間となっています。
レトルト食品や缶詰を、備蓄食、非常食として賞味期限まで自宅に保存しようとすると、賞味期限の管理が面倒になったり、賞味期限が過ぎてしまったりすることが考えられます。

■ご家庭で備蓄食・非常食(レトルト食品や缶詰)を準備する場合のポイント
備蓄食、非常食として準備したレトルト食品や缶詰を、普段から通常の食事として食べていただき、食べたものは新たに買って補充して下さい。

そうすれば、賞味期限のことを気にせずに準備しておくことができます。
そのためにも、「お好みのものを選んで準備しておく」ということが大切ですね。

備蓄食をより美味しく食べよう!レトルトレシピはこちら

■企業や団体等で備蓄食・非常食(レトルト食品や缶詰)を備蓄する場合のポイント
賞味期限が近づいたレトルト食品や缶詰は、災害訓練の際に従業員等に配布したり、
フードバンク活動*を行っているNPO法人等へ提供したりすることで、食べ物を廃棄することなく有効に利用することができます。

※(フードバンク活動とは、まだ安全に食べられるにも関わらず余った食べ物と、貧困者を支援するために食料を必要としている福祉施設、団体等、これら両者を引き合わせることです。)