メニュー

もっとおいしく安全に使えるレトルト食品のすべてをお伝えします

レトルトQ&AレトルトQ&A

検査

QQ

工場の衛生管理は十分行われていますか?

AA

レトルト食品をはじめとして、各種の加工食品の製造の過程で、有害な物質の混入を防ぎ、安全な食品を生産するために、日本缶詰びん詰レトルト食品協会ではレトルト食品工場向けに、適正食品製造基準、いわゆるGMPを制定して、食品による事故発生の防止に努力しています。

また、わが国では食品衛生法に基づき工場の衛生管理について監視・指導が行われているほか、地方自治体の条例などで、作業場、機械設備、保管倉庫、便所などの施設、原料から製品に至るまでの製造工程などについて、衛生管理の基準や方法について詳しく規定されています。

最近では製品の安全性を高めるためにHACCP(危害分析重要管理点)方式の衛生管理を実施する工場が増えています。

日本缶詰びん詰レトルト食品協会では、これらの管理を工場が導入するためにマニュアル(手引書)などを作り、衛生管理の向上を図ることに努めています。 さらに品質や安全性の向上のため、品質管理、殺菌、HACCPの各主任技術者資格認定制度を設け、1万人近くの方が資格を取得しています。

レトルト食品の自由研究に朝鮮!みんなのレトルト食品大辞典 詳しくはこちら

Facebookもチェック Facebook

缶詰協会のECO

グッズ販売