メニュー

もっとおいしく安全に使えるレトルト食品のすべてをお伝えします

レトルトQ&AレトルトQ&A

生産・消費

QQ

レトルト食品の国内年間消費はどれくらいですか?

AA

レトルト食品は、昭和43年に登場して以来その数量を増やしつづけています。現在の消費量はおよそ30万トン(国内生産量に同じ)となっており、国民1人当たり2.4kgで180g入りの袋に換算すると13袋分に相当します。これは10年前の1.7kg、10袋のおよそ1.4倍であり、今後もますます伸びると予想されます。

レトルト食品には、そのまま食べられる調理済みのもの、料理の素材として利用できるもの、おやつやデザートとして使えるもののほか、ベビーフードや流動食、スープ、調味料などがあります。従って、家庭消費のほか、ホテル、レストラン、飲食店、喫茶店、列車食堂などの外食産業向けや、学校、工場、病院など の集団給食用としての需要が多くあります。

レトルト食品の自由研究に朝鮮!みんなのレトルト食品大辞典 詳しくはこちら

Facebookもチェック Facebook

缶詰協会のECO

グッズ販売